【LoL部門】選手契約満了のお知らせ

2019年11月18日をもちまして、契約満了となった選手及びコーチについてご報告致します。
なお、現在Sengoku Gamingとの契約交渉を行っている選手も一様に掲載をしております。
当該選手につきましては、12月中の締結を目途に再契約交渉を進めておりますので、来期の契約に至った際は改めて告知を致します。

DonShu選手
スカウティンググラウンドに出場し、2019年夏にSGに加入したDonShu選手。
当初練習生としての加入であったにも関わらず、シーズン開幕直前のスクリム(練習試合)においてルーキーらしからぬ大胆なプレイをし、チームメイトを驚愕させました。
現役高校生、弱冠18歳という若さで、世界を獲ったBlank選手の隣でデビューというプレッシャーに圧し潰されそうになりながらも、シーズン中に目覚ましい成長を遂げ、ファンの皆様からも温かいご声援を頂きました。

Blank選手
韓国での直接交渉の末、2019年夏に加入。
世界的トップスターであるBlank選手は、その実績とは裏腹に、チームメイトや運営スタッフに対して敬意を払い、プロアスリートとしての姿勢を教えてくれました。
ゲームプレイに関しては筆舌に尽くしがたく、多くのLJLファンを魅了し、世界大会優勝プレイヤーの実力を再確認させられるシーズンでした。

Taka選手
2018年12月に加入。
LJL一般公募に応募し、出場が確約されていない不安が残る中での加入を決定してくれました。
彼はオーストラリア育ちで、LJLに参加するために来日し、その陽気なキャラクターでチーム内外問わず周囲を楽しませるプレイヤーでした。
英語中心のコーチ体制という、日本では類を見ない環境に戸惑うチームメイト達とコーチの間に立って通訳をし、大きく貢献をしてくれました。

OdduGi選手
2018年12月に、当時加入が決定していたSmile選手の紹介により加入。
来日直後から日常会話レベルの日本語を話し、チームメイトを驚かせました。
練習の合間に、ストリーマー「ぽよし」の配信を日本人選手と一緒に視聴したり、自身もTwitchにてゲーム配信をして日本人ファンと交流を深める等、日本語の勉強に意欲的なのが印象的でした。
彼の愛らしいキャラクターや、春シーズン後半の数々のスーパープレイにより、皆さまの記憶に強く残る選手となりました。

Raina選手
2018年12月にトライアウトの末に加入。
ルーキーながら、目立たずとも堅実なプレイをし続け、特にプロプレイヤーの間でよく名前の挙がる名脇役でした。
合流当初はプロプレイヤーとしての活動や、慣れない土地での生活に戸惑っている様子でした。
しかしながら、OdduGi選手やTaka選手にも負けず劣らずの努力量が功を奏し、2019年5月には韓国サーバーのマスターランク到達を果たしました。

PoohManDuコーチ
2019年夏にBlank選手と同じく、直接交渉の末に加入。
プレイヤーとしてもコーチとしても世界の頂点を経験したノウハウを、2019年デビューのルーキー3人に叩き込んでいただきました。
時に厳しいコーチングに選手の心が折れそうになる場面もありましたが、世界レベルのコーチングを受けた経験のない彼らにとって貴重な経験となりました。
オフの日には日本の文化を楽しみ、目を離した隙にUFOキャッチャーで景品をゲットしていることが多い、ユーモアのあるコーチでした。

Eugeo選手
DonShu選手と同じく、スカウティンググラウンドに出場後、2019年夏に練習生として加入。
17歳という若さで、センス溢れるプレイをスカウティンググラウンド決勝にて披露し、多くのコーチから名前が挙がる程の活躍となりました。
残念ながら公式戦への出場は叶わず、皆さまのお目にかかることは出来ませんでしたが、今後が期待される選手です。


以上、7名が契約満了となります。
新規参入チームながら、たくさんの方々に応援していただけるチームになれたのは、彼らの尽力があってこそです。
運営スタッフ一同、彼らとの別れを大変寂しく思っておりますが、来年もまた同じステージで戦えることを願っております。

また、日ごろ応援してくださっているファンの皆様にも、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

新ロースターにつきましては、選手との契約が締結でき次第、順次発表させていただきます。
来シーズンこそLJL優勝を果たせるよう準備を進めておりますので、ご期待ください!