女流棋士の香川愛生さんがSengoku Gamingの公式サポーターに就任

株式会社AKALI(代表取締役社長:香川愛生、代表取締役:蛭田健司。複数代表制)の香川代表が、2019年7月1日より、Sengoku Gamingの公式サポーターに就任いたします。

香川愛生さんのプロフィール
1993年生まれ。9歳で将棋を覚える。2008年、15歳でプロデビュー。当時最年少の女流棋士に。2013年タイトル初挑戦で戴冠。翌年も防衛し連覇。主な受賞歴に、女流最多対局賞(2013)女流棋士賞(2014)。
将棋普及のため、メディア出演、イベント活動などにも精力的に取り組む。映画、コスプレなど多様な趣味を生かした活動は多岐に渡り、将棋ファン以外の知名度も高めている。Twitterのフォロワーは56,000人超。著書「職業、女流棋士」(2018)。

ゲームへの造詣
香川代表は、幼少期から積み重ねる幅広いゲームへの知識や経験を生かし、ファミ通チャンネルレギュラー出演継続2年以上、ファミ通本誌ではコラムも連載するほか、日本最大のゲーム開発者カンファレンス「CEDEC」の登壇経験もあるなどゲーム業界内でも知名度があります。
ゲーム関連プロモーションでは、カードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」の公式ポスターや、読売新聞社と将棋連盟が協力するゲーム大会「ポケモン竜王戦」ゲスト出演ほか、多くのゲームのプロモーションに起用されています。
ゲームイベントでは、日本初となるeSports大会と将棋大会の同時開催を企画提案した上で集客面でも成功を収めたり、徳島「マチ★アソビ」にて、将棋×ゲーム×アニメ×マンガのブースを出展し、600名以上のブース来場者を集めたりするなど、幅広く活躍しています。

香川愛生さんからのメッセージ
『以前から異業種間でのコラボ企画に関心が高く、女流棋士としても、総合企画・プロデュース会社であります弊社・株式会社AKALI代表としても、熱心に取り組んで参りました。この度は、その姿勢をSengoku Gamingさまにご共感いただき、実り多い協力関係を築けると確信し、公式サポーターに就任する運びとなりました。いつもはご支援を賜ることの多い身ですが、今後はSengoku Gamingさまを応援させていただく活動を通じて、将棋×eSportsという新しい分野を開拓し、両者の魅力をよりいっそう引き出す可能性を探求して参ります。』

香川愛生さんのTwitterはこちら
香川愛生さんのYoutubeチャンネルはこちら


■株式会社AKALI 会社概要
本 社 : 東京都港区
設 立 : 2018年1月
代 表 者: 代表取締役社長 香川愛生、代表取締役 蛭田健司(複数代表)
事業内容: 将棋×ゲームを主眼にした総合企画・プロデュース
お問合せ先: info@akali.co.jp